牛
さいとうFARMについて

中標津町について

中標津町

北海道の東に位置する中標津町には、
北海道でいちばん東の空の窓口、根室中標津空港があります。
中標津町の様々な魅力を堪能しに毎年たくさんの方が遊びに来ます!

そんな大勢の人たちを魅了する中標津町の魅力をいくつか紹介します。
どこまでも真っすぐ一直線に伸びる道路「ミルクロード」です。
中標津は酪農業がとても盛んな町です、牧場が両サイドに見える道路を「牛乳を出荷するタンクローリーが走る一本道」このことから「ミルクロード」と名付けられました。
先の見えないどこまでも続く真っすぐな道路は、ドラマや映画の中に出てくるような光景で思わず心が弾みます。

そんなミルクロードは、中標津町のランドマークでもある「開陽台」へと導いてくれます。
標高270mのパノラマを見下ろすと、そこには果てしなく広がる緑のじゅうたん。
昼間にはどこまでも澄み切った空の下、青々とした牧草地を牛たちが歩く景色を眺めることができ、その光景を眺めている間は不思議と時間もゆっくり流れているような気がします。
そして夜には空いっぱいに星を散りばめたような満天の星空を観測することができます。
他に光源になるものが少なく空気の透明度が高いので、
普段は見えないような小さな星まで見ることができて、その幻想さは言葉にはできないほどです。

その他にも「なかしべつ夏祭り」や「養老牛温泉」など、たくさんの楽しいイベントや施設があります。
中標津町は、美味しい&楽しい&美しい町です!

ミルクロード

開陽台展望館

さいとうFARMについて

さいとうFARMは、「世界基準」の牧場を目指して経営しています。
向上心と共に成長してきた当牧場が、常に上を目指し続けるための目標設定です。
その成果として「世界100位の繁殖種」の実績があります!日本の酪農をもっともっと広めていく為にも、世界基準を意識して経営しています。

スタッフ全員に作業用免許を取得させているので、技術力の向上や作業レベルの標準化に努めています。
論文を読むなど様々な方法で情報収集をし、日々知識をアップデイトしながら酪農に向き合っています。

持続可能な酪農とするため、ロボット搾乳や餌やりロボットの導入など機械化を進め、労働力の削減を実現しています。

また当牧場では「お腹を壊さない牛乳」でおなじみの「なかしべつ牛乳プレミアムNA2 MILK 」のA2遺伝子のみを保有する牛を生産し「株式会社ナガホロ」様に提供しています。
牛乳にはタンパク質のひとつであるβカゼインが含まれており、そのβカゼインはA1とA2の二種類の遺伝子があります。
通常の牛乳にはこの二種類の遺伝子が両方とも含まれていますが、「 なかしべつ牛乳プレミアム NA2 MILK 」はA2遺伝子のみを保有する牛のみから搾乳し、製品化したものです!
牛乳に対して苦手意識がある方にはぜひとも飲んでみてもらいたい牛乳ですね!

※当牧場の受精卵が、2017年に世界100位となったデータが、英文ですがこちらに掲載されています。
ST genetics ゲノムの研究

※さいとうファームから牛のゲノム検体検査を、ゾエティスジャパン株式会社に依頼しています。
数値データは「ST genetics ゲノムの研究」のサイトで「牛個体識別登録番号」と検索していただき確認することが出来ます。
注)アメリカ合衆国の英語のサイトです
ST genetics ゲノムの研究
○さいとうFARM 牛個体識別登録番号
1574528532、1574528525、1574528518、1574528501、1574528129、1574528495、
1597429014、1597429069、1574528655、1574528693

※用語説明
8ページにわたり、用語と説明を記載しています

※受精卵個体購入希望の方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL 0153-74-2188

なかしべつ牛乳プレミアム
NA2 MILK

  • ロボット搾乳
  • 餌やりロボット
  • 餌やりロボット
  • 作業風景
  • ロボット搾乳
ABOUT SAITO FARM

会社概要

企業名 株式会社さいとうFARM
設立 2018年法人化
住所 北海道標津郡中標津町字俣落829番地2
電話番号 0153-74-2188
代表取締役 齋藤 希
飼養頭数 330頭(搾乳牛160頭 、育成牛150頭)
従業員 6人(うち女性4名、男性2名)
飼養頭数 350頭(搾乳牛150頭、育成牛180頭)
設備 フリーストール牛舎、搾乳ロボット、えさやりロボット

マップ